タイミングを逃したくない

スーツの人

選択肢が広いうちに動く

日本に一番多い中小企業ですが、一人社長で頑張ってこられた方も多く、一念発起して創業し長年堅実に操業を続けてきた会社は愛着があり家族同然の存在で深い思い入れもあると思います。経営者が年齢を重ね健康面での不安や将来が心配になったときや、そろそろ引退してもいいかなと思い始めたとき、家族や従業員の中から後継者が見つからなければ会社は存続の危機にさらされます。後継者を探す目的で企業買収を検討する経営者の方も多く、それを支援するコンサルタントも増えています。企業買収を成功させるにはリタイアが視野に入るずいぶん前からできるだけ早く選択肢が広いうちに情報を集め、いつでも動けるように準備することが大切です。また、企業買収の成功に対しての評価は企業買収に求める形により評価の仕方も異なると思います。できるだけ高い評価額を出して譲渡額が高ければよいとするのか、それとも企業買収後も会社に残り今までご自身を支えてきてくれた従業員と会社の行く末をしばらく見守ってからリタイアするのか、企業買収に求める形によって評価は異なると思いますし、企業買収の方法も変わってきます。直接買い手企業にアプローチしてくれる仲介業者もあれば、資料だけ提出してそのまま何も動きがなく数か月経過する業者もあり仲介業者選びは慎重になる必要があります。ネット上の口コミが良いことはもちろん選ぶ条件の一つにありますが、実際に数社電話やメールで問い合わせをしてみて営業担当の反応から判断するのが良いです。最初のお問合せ段階で対応が早い会社は買い手企業を探してくるのも早いですし、買い手企業と交渉を成立させるまでの仕事も早いです。対応が良い会社に依頼するのがおすすめです。