建設会社の事業規模の拡大

中年男性

マンション建設や公共事業の受注を考えている建設会社にとっては、事業規模の拡大による信用力のアップが大きな課題です。建築士や施工管理の経験者を採用したり、新卒を積極的に募集する方法もありますが、スムーズに規模を拡大したいときには企業買収が最も効率的です。M&Aを手掛けるコンサルティング会社に相談するのが企業買収の出発点であり、まず最初に建設業界の再編事情について理解を深めることが重要です。独自技術を持つ建設会社を選ぶのが、理想の企業買収のスタイルであり、対象を絞り込む前に財務データについても詳細に調べるべきです。債務の大きい企業を買収した場合には、合併後に借金の返済金額が増えるので、M&Aを行う前の資産内容の精査が肝心です。公認会計士やコンサルタントのアドバイスも活用することで、財務体質が良好で将来性も見込める優良企業を買収できるでしょう。更に企業風土やこれまでの沿革について調べるのが、労務問題の解決もスムーズに行い、企業買収を成功させるための基本です。特に給与体系や人事評価システムが異なる企業同士の経営統合では、時間をかけて合併に向けて準備を進めるのが理想的です。そして建設業界は中小企業が多い事情もあり、年間売り上げが5億円から10億円の企業にターゲットを絞るのがポイントです。官民両方から受注を受けている企業や、不動産部門でも強みのある企業を選ぶのが、将来的にも有望な経営統合のスタイルです。