中年男性

建設会社の事業規模の拡大

建設会社が事業規模を拡大する場合には、コンサルタントのアドバイスを活かしながら、企業買収を進めるのがポイントです。財務内容をチェックしたり、技術力を評価することで、経営統合に最適な企業をスムーズに選べるでしょう。

スーツの人

タイミングを逃したくない

長年堅実に経営してきた会社も後継者がいないと企業存続の危機に瀕します。後継者探しの一つの選択肢として企業買収があります。経営者ご自身のリタイアの時期まで待たずにできるだけ早くから会社の価値や買い手企業と交渉が行えると条件良く譲渡することが可能です。

握手する人

成長企業を発展させる手法

成長企業の弱点の一つにシェア下位の競合他社との争いがある。シェア争いの種々の問題を解決する方法に企業買収がある。企業買収の効果として、売り上げの拡大、コストの削減、リスクの分散、社内風土の変革、財務体質の強化が挙げられる。高い効果を得るためには、成長企業同士が対等な立場で友好的に行う必要がある。

企業をより成長させるため

女性

経営資源を拡充できる

譲受側企業から見たとき、M&Aにはとても多くのメリットがあります。一番大きいのは企業規模の拡大です。自社のニーズを満たす企業を買うことで、経営資源を拡充することができます。新たな人材やノウハウを獲得すれば、今までとは違う事業戦略を実行しやすくなります。譲渡側企業の取引先を継承できることも考えると、戦略の幅はかなり広がることになります。また同業他社のM&Aであれば業界でのシェアアップになり、影響力の強化を図るといった意味を持ちます。あるいは新たな業界に参入する手段としてのM&Aも有用です。何の実績もない業界に新規参入するのはリスキーですし、時間を要します。しかし、その関連企業を手に入れさえすれば手早く参入を果たせ、またある程度のシェアが同時についてきます。リスク・時間・コストを抑えることになりますので、これはM&Aの見逃せないメリットといえます。M&Aで企業を手に入れることは、弱点の克服になるというメリットもあります。企業の足りない部分を他社の力で補うことです。自社に何らかの不足している部分、例えば人材がほしい、ノウハウがほしいなどのとき、これらを補えるような優秀な企業があったならば、M&Aにより補完することは必須とすら言えるでしょう。前述のことと合わせると、低コスト・短時間で補完が果たせることなります。企業力を強化することでより一層のシェアアップも望めます。M&Aにはこれらのようなメリットが考えられます。企業の成長のため、積極的に取り組むべき内容になっています。